Windows次の大規模アップデートは2017/10/17から

2000年ころの絶対的な存在だったWindowsも最近は他のOSに押され気味。数を失うと市場支配力も失います。対抗上Windows10からは年2回の大規模アップデートを実施するようになりました。

Fall Creators Updateは2017/10/17から順次配信

新しいPCは比較的早く配信通知され、古めのPCは遅くに配信通知される傾向です。遅いものだと5ヶ月後の2018/3頃に通知される可能性もあります。

Windows10の大規模アップデートは素直に実施しよう | たまトラ

スポンサーリンク

主な変更内容

windows公式サイト

  • 初級者向け
    • スタートメニューの見た目が少し変わる
    • Timelineで過去の環境に戻れる
    • 従来のコントロールパネルの内容の一部が「設定」に移動する。Windowsコントロールパネルの開き方 | たまトラ
    • セキュリtェイの向上
    • ディスククリーンアップを使わずに、以前のWindowsバージョンを削除可能になる
  • 中上級者向け
    • HYPER-Vに仮想マシンギャラリー追加。設定を細々しなくても用途に合わせて簡単に仮想マシンを作成できる。 仮想バッテリーの追加も。
    • OneDrive Files on Demand 追加。 安く手に入る32GBeMMC機を活用できる可能性。

初心者、初級者も避けて通れない

大規模アップデートを2回スキップするとマイクロソフトのサポート適用外となります。通知が来たら素直にアップデートが基本です。

初心者、苦手ですというのは免罪符になりません。説明をよく読めば過度に恐れることはないことがわかります。 大規模アップデートの通知が来たら、指示に従って実行。 もしアップデートに失敗しても巻き戻し機能があります。

不安な場合は有料サポートの利用も検討しましょう

スポンサーリンク