360°動画 4K高画質カメラなら画質はまあまあのレベルに

以前、VRの画質が悪くて没入感がないと書きました

YouTubeで高画質360動画

RedBullのチャネルを見ていると似非4Kではない高精細な4K 360VR動画幾つかアップされていました。

(PCの場合は360度動画として見られます。動画の上でマウスをクリックしたまま動かすと視点が変えられます)

これをスマホで3Dとして再生してみると、画質的にはかなりいいレベルまで来ています。

画質の違いをわかりやすく比較

YouTubeは画質(解像度)を変更できます。

違いをわかりやすくするため画像を部分的に取り出して比較してみます。

解像度 1080S


解像度2160S (高解像度)

上の1080Sより文字周りがかなりっくっきりしています。

スポンサーリンク

360動画の画質が悪い理由

天球360度撮影は一度に広い範囲を撮影します。再生する際にはその一部分を見ていることになりますので、表示されている画素数は少なく粗い画像になります。

光学系が良い4Kカメラなら画質があまり気にならないレベルに来ています。8Kの高画質カメラが出てくれば通常動画FullHDレベルの感覚で見られそうです。

高解像度だとPCと回線の負荷が大きい

PCでブラウザを通して360動画を見るとかなり負荷。4K画質で視聴するとパワーの有るPCでないとカクカク動画になります。

まだ360高画質動画は一般的なものではなく、通常販売されているPCはそこまでは必要ないとされていないため。 今後この手の動画が人気が出てくれば一般向けのPCでも対応されはずです

YouTube画質の切り替え方法

動画右下のネジマークをクリック


メニューの画質をクリック


解像度を選択。上が高解像度で下に行くほど低解像度に

スマホの3D表示をスクリーンショット

1920×1080の3Dスマホ表示。

画像クリックでfullHD画像が見られます


1136×640の3Dスマホ表示

 

 

スポンサーリンク