ゆうちょATMが使いやすくなって行列が減少。ATM使いやすさランク付け

ATMの操作で間違いがないようにと、やたら確認を入れるものが有ります。ゆうちょもこのタイプでした。今年に入ってソフトウェアが更新されたようで、操作が素早くできるようになっています。 近所の2箇所(別の建物)のATMはいつ見ても人が並んでいたのが、年明けからはどちらにも長い行列を見かけません。

ATM操作性ランク

操作経験のあるATMを勝手にランク付け

1位:セブン銀行。とにかく無駄がない。一つ一つの処理が高速。画面が垂直で視線移動が少なく見やすい。 少し前にも操作系が見直されて、より使いやすくなっています。常に改善しようとするのが素晴らしい(民間事業なら当たり前ですが)

2位:ファミマ等にあるE-net。以前はセブン銀行より見劣りしましたが、改善されて良い操作性になっています。

2位:イオン銀行ATMは流通系なのにいまいち。→2016年2月改善されていました。セブン銀行に肉薄

3位:新ゆうちょATM。過剰な確認が減り格段に良くなりました。画面表示もスッキリとわかりやすい。 ファミマに小型ATMを設置するのと関係がありそうです。

3位:都市銀行。1,2位に比べるとだいぶ落ちますが、徐々に改善されています。

4位:旧ゆうちょ。昨年まではこのランクでした。

5位:地銀ATM。お役所とほぼ同じ組織感覚ですから顧客サービス向上は後回し。何かあった時に監督官庁に言い訳がたつよう、利用者の落ち度にすることが重要。このためやたら確認を入れまくる操作系になります。近所の地銀のATMは常に行列。ほんとうにいつでも行列。 一度だけ使いましたが、画面がぼんやりと見にくく、操作確認を何度もやらされて先になかなか進めない。ひどい操作性をカバーするために、行員OBと思われる年配者の方が行列整理をするという泥縄式。

スポンサーリンク

Posted by tama