スマホで即時発行できるじぶん銀行デビットカード(JCB)。セキュリティ設定をしよう

じぶん銀行がデビットカードを発行しています。スマホで使うバーチャルカードタイプでブランドはJCB。通販ではバーチャルカードとして使い、リアルショップではGooglePayを経由してQUICPay+として利用できます。

デビットカードといえば新規作成でキャッシュバック。じぶん銀行でも15,000円をデビットカードで利用すれば2,000円のキャッシュバックがあります。どこの銀行でも1,000~3,000円程度のキャッシュバックがあるので平均的なもの。

でしたが、最大1万円のキャッシュバックにアップしています。これは利用したほうがお得です。

セキュリティの設定はMyJCBで

デビットカードのセキュア設定は銀行サイトで行うタイプと、カードブランドサイトで行うタイプがあります。

じぶん銀行デビットカードはMyJCBで設定できます。

MyJCBサイトはスマホだと見づらい

スマホのじぶん銀行アプリからMyJCBに行くのが簡単でいいのですが、MyJCBサイトはPCを前提としたデザインになっています。スマホで見ると小さくて見づらいためPCで操作したほうが快適。

PCを使ってMyJCBにログインするには

MyJCBにログインするにはIDとpasswordが必要ですが、じぶん銀行デビットカードはじぶん銀行サイトから移動する方式。


じぶん銀行にPCでログインし「スマホでビット」、「MyJCB」とクリック


サブウィンドウが開く。「My JCBはこちら」をクリック

サブウィンドウが開いてMy JCBのサイトが表示されます

スポンサーリンク

利用限度額を下げる

初期値は高めの設定になっています。デビットカードで1回50万円も使う人はあまりいないと思います。自分が普段使う金額に設定しておくのが安全。


My JCBのトップページを下にスクロールして「ご利用限度額の照会・変更」をクリック

 


変更したい項目のチェック欄にチェックを入れ、「次へ進む」をクリック


限度額を入力できる氷河表示されます。今回はすべて1,000円設定とし、「確認画面へ」をクリック


1,000円になっていることを確認し、「変更する」をクリック

これで限度額の設定は完了です。1,000円を超える支払いをしたいときは、My JCBで必要な金額に変更します。頻繁に利用していると面倒ですが、めったに使わないのなら限度額は低目の設定が安全です。

スポンサーリンク

J/Secureの登録

ネット通販ショップによってはクレジットカード情報のうち「カード番号」「有効期限」だけでもで買い物できる場合があります。別途裏面の3桁コードや名前を入力したとしてもちょっと頼りなさを感じると思います。

よりセキュリティを高めるために、クレジットカード会社は本人認証サービスを用意しています。JCBではJ/Secureという名称。

買い物の際にJCBの認証サイトに移行してパスワードを入力するため、セキュリティはぐっと高まります。この操作を面倒に感じる人もいるかも知れません。でも、不正利用されたらその後始末はいろいろ面倒なもの。

多少手間はかかりますが、不正利用の可能性を下げるためにJ/Secureの設定をしておきましょう。


先程開いたMy JCBサイトで下の方にスクロールして、「インターネットショッピングでの本人認証サービス」をクリック


「J/Secureのご登録」の画面にが開きます

お客様情報の入力で、カード番号等を入力


下にスクロールして、J/Secure用のパスワードを入力。支払いの際に使うパスワードなのでしっかりしたものを登録


パーソナルメッセージは自分の好みの言葉を入力。セキュア認証の際に、偽装サイトに来ていないかをチェックするもの。ここは確かに自分が使うセキュア認証サイトだとわかるものにします。たとえば、「やぎわんわん」とか「でんしゃぎゅーぎゅー」とか。

ここまでの入力に間違いがなければ「登録確認画面」をクリック


パーソナルメッセージの確認画面が表示されます。

「登録する」をクリック


完了確認画面が表示されてJ/Secureの登録は完了です

ANA JCBプリペイドカードにチャージして使う

ANA JCBプリペイドカードは、J/Secure機能の他に、利用の停止・再開を簡単に切り替えられる機能があります。支払いのときだけ利用再開とし、普段は利用停止にしておくと不正利用の心配がほとんどありません。

じぶん銀行デビットカードから、ANA JCBプリペイドカードへチャージが可能で、手数料は無料。当面使いそうな金額をじぶん銀行デビットカードからチャージしておいて、ANA JCBプリペイドを普段遣いにすれば安全です。

デビットカードの場合、銀行口座からの引き落としですので、他の支払いと重なると残高不足になる可能性があります。ANA JCBプリペイドへ必要金額をチャージすれば、じぶん銀行の口座残高をコントロールしやすいメリットがあります。

スポンサーリンク

Posted by tama