壊れたノートPCからSSDを取り出して別のPCで使う

古いノートPCの電源が入らなくなり、点検したところマザーボードの故障と判断。デスクトップPCと違って、ノートPCは修理費と手間がかかりすぎるのでマザーボード故障だと廃棄が合理的です。

ノートPCで手軽に流用できるパーツはHDD、SSD、ACアダプタ、RAM。

スポンサーリンク

内蔵SSDを取り出してケースに入れる

ノートPCの底面パネルを外した状態。ネジを回している部品がSSD


取り外したたSSD 128GB

今となっては珍しいmSATAドライブ使われています。小型ストレージ規格として一時は人気でしたがすぐにより小さく、高速なNVMe規格が登場して短命に終わっています。


mSATAはデスクトップや外部ドライブとして流用するには使いにくいため、汎用性の有る2.5インチSATAに変換します。

お手頃価格で購入できるPCパーツは中華系の商品が多いため、返品が簡単なamazonでの購入がベスト。amazonで「mSATA 変換 ケース」と検索。

変換ケースの価格は1,000円~1,500円程度です。

ここで問題は、128GBの新品SSDが2,000~3,000円で買えること。mSATAの変換ケース価格との差額は1,500円ほどです。新品と中古のSSD価格差が小さすぎて、流用するメリットが殆どありません。

用途を検討した結果、mSATAを使ったノートPCの点検を頼まれることが今後もありそうな事、その際に不具合の点検ツールとして持っておくと便利だろうということでmSATA変換ケースを注文しました。

ELUTENG mSATA SSDケース

  • アルミ筐体で放熱が良さそう
  • 対応できないSSDが明記してあるので、弱点を隠すような姿勢ではない
  • ものすごく基本的な使い方を書いてあるので、初心者も含めて多くの人が購入した実績があり、サポートもされていると予想
  • 出荷元がamazonなので不具合の際には返品容易

届いたケースの構成部品


基板にmSATA SSDを取り付け


ケースを組み立て後PCに接続。ReadWriteを行い基本動作に問題ないことを確認しました

仮想環境用として使う

現在デスクトップPCで256GB SSDを2つのパーティションに切り分けて、Cドライブ起動用と、VMware(仮想環境)のドライブとしています。

VMwareの動作はストレージの速度の影響を受けるため、常用する仮想環境ならHDDよりもSSDで動かすのが快適。

最近、VMwareのゲストで使っているWindows10でプロファイルを多数作成したためSSDの容量が不足気味。今回の128GB SSDをVMware専用とすることで、将来的に容量不足を心配せずに使おうという目論見。

元々複数パーティションに区切られていたmSATA SSDだったので、DOSコマンドの「diskpart」を使ってパーティションを1つにします。


ディスク1(119GB)を選択して


partition3の回復パーティションを削除


SSDをフォーマット後に、VMwareの環境をまるごとコピー。Vmwareの設定でHDDの容量を拡張。AOMEI Partition Assistant (無料)でパーティションを操作し最適化しました

節約にはならない

なんだかんだで作業だけでも3時間くらいはかかっています。パーツ注文等も含めればもっと時間を消費しているわけで、消費時間を労働とすると大赤字です。趣味ならプライスレス。

ちなみに、SSD 128GBの価格は2013年当時12,000円~13,000円程度でした。SSDは2018年から価格が急落し現在は2,000円~3,000円で落ち着いています。半導体不足で主要半導体は値上がりが続いていますが、SSDは少し特殊でCPU系の主要半導体不足でNAND需要が伸びず価格変動は小さめ。

1TBのSSDは1万円程度で買えます。PCのミドルユーザーまでならHDDは不要でSSDだけで十分な時代になりました。中古パーツをいじって時間を無駄にするよりも、新品パーツを使って快適にロスなくアップグレードするのがおすすめです。

スポンサーリンク

Posted by tama