災害緊急速報の読み上げ機能が便利。寝ているとき慌てて起き上がらなくても状況がわかる

日曜の早朝に緊急メールが配信されました。久しぶりの緊急速報で以前と違っていたのが、内容の自動読み上げ機能が働いたこと。

地震かな?と思っていたら「土砂災害」。自動的に内容が読み上げられて、対象エリアと警戒内容、避難の有無をスマホの画面を見ずに把握できました。

スポンサーリンク

読み上げ機能

外出時に一斉に皆のスマホが一斉に読み上げるとちょっと困りますが、自宅でならとても便利。スマホの設定で通知のON/OFF設定は可能です。

読み上げ機能を活用するには自宅用のスマホに格安SIMをセットすればOK。複数台持ちのメリットの一つですね。

すべてのスマホが読み上げに対応しているわけではなく、一部の機種のみ対応です。ここ数年に発売されたAndroidならほぼ対応していると思われます。

手持ちで機能したのはGalaxyA20です。Galaxyでの設定方法

楽天モバイルでiPhoneとAndroidが異なった動作

今回の土砂災害通知では、楽天モバイルSIMを装着しているiPhoneとAndroidでは動作が異なりました。

iPhoneには緊急速報メールが届かず、Androidのみ届いています。

同じ楽天モバイルのSIMを装着しているのに、異なった動作になったのは掴んでいる電波の違いと推測。

  • iPhoneはパートナー回線のau電波を掴んでいてたため隣接エリアの緊急速報を伝えなかった
  • Androidは楽天の電波を掴んでいるため、(楽天側の設定?により)隣接エリアの緊急速報を伝えた

楽天モバイルのサービスはまだ始まったばかりで、多少の問題が有るのは仕方ない状況です。多分通知漏れがないように広めのエリアに対して通知するような運用と思われます。

緊急速報の対応機種

携帯電話会社側で対応状況は異なるので、緊急速報に関しての情報をLinkを貼っておきます。

iPhoneは電話会社側の管理ではなく、Apple側の管理が主体。対象機種は初期型の3G,3GSを除く全機種です。

自宅用緊急速報メール専用スマホ

普段遣いのスマホは外出時のことを考えると読み上げ機能はOFFにしている人が多いでしょう。

自宅用なら読み上げが便利なので、緊急速報用として1台用意すると便利です。

格安SIM(MVNO)でも緊急速報に対応しています。電話会社の仕組みをそのまま使っているため大手電話会社と同一の仕組み。

自宅用なら維持費をできるだけかけたくないということで、第一候補は楽天モバイルになります。キッチンタイマー的な用途から通話料無料のrakutenLinkも使えて、毎月の維持費は0円から。0円維持は容易です。

ドコモの電波で使う場合はLinksMateが月額500円台と安い。(詳細説明

緊急速報の音声読み上げに対応した機種は、Android10に対応したGalaxyなら大丈夫。1万円前後で手に入りますので、詳細説明を参考にしてください。


スポンサーリンク

Posted by tama