iPhoneのiOSアップデート。最近の内容と今後の予想

2020年秋にリリースされるiOS14はiPhone6sをサポートすると発表されました。これは少し意外。

iOS11までは予想しやすかったのですが、最近は微妙に個人予想がずれてしまっています。

ということで、改めてiPhoneのハードウェアの構成を確認してみました。

iOSサポート外になった機種履歴

一覧です。◯がサポート対象

最近のサポート期間は5~6年。

2017年 iOS11

iOS11はiPhone5と5cがサポートから外れています。これはわかりやすい理由があり、5s以降は64bit機なんですね。5c以前は32bit機。

推測:32bit機が対象外

2018年 iOS12

iOS12では新たにサポートから外れる機種はありませんでした。

2018年 iOS13

5sと6がサポートから外れました。6は最も売れたiPhoneでしたので少し意外な結果。

5sと6に共通で、6sと異なるのは何か?

RAMの容量です。5から6までは1GB。6sからは2GBにアップしています。

最近、あるアプリをiPhone6にインストールした際に、RAMの容量が少ないとメッセージが出て起動できませんでした。一部のアプリではiOSバージョンだけでなく、RAM容量を起動の条件に追加し始めているんですね。

このことからRAMの容量は、iOSのサポート対象から外れる条件のひとつと考えられます。

推測:RAM1GBが対象外

2019年 iOS14

iOS14はiOS12と同様、サポートから外れる機種が出なかったバージョンです。

ハード的な違いと今後の予想

ハードウェアの違い

いろいろな要素で構成されていますが、目に付くものは以下の3点です。

  • RAM容量:次は2GB機がサポートから外れそうです
    • 6s~8:2GB
    • X~XS:3GB
    • 11:4GB
    • SE(2):3GB
  • NFC搭載:決済事業は重視されているためNFC無しもサポートの条件になりそうです
    • 6s:無し
    • 7以降:有り
  • SoC(CPU):arm64搭載機とarm64e搭載で区切りがありそうです
    • ~X:arm64
    • XS,XR,11:arm64e

予想

  • iOS15:NFCが無い6sとSE(初代)はiOS15でサポート外
  • iOS16:サポート対象外なし。またはRAM2GBの7,8以前が対象外

まとめ

総務省の頑張りで、昨年をもってスマホの安売りが禁止され、料金の大幅割引技が無くなりました。以前のように最新スマホを無料でもらえて、月維持費数百円以下にできるという消費者にとって幸せな販売方法は塞がれてしまいました。おかげで中古品のニーズが高まっています。

iOSのサポート期間は、旧型のiPhoneが安くなるタイミングを予想するのに必要な情報。サポートを外れると中古の価格がガクンと下がるため、旧型機を割り切っ使っている人にとっては気になる動向です。

タイミングを捉えて高品質低価格な中古機種を購入して節約したいですね。

スポンサーリンク

Posted by tama