有効期限切れのauWalletプリペイドカード。WebMoneyサイトでの残高照会でどう表示される

有効期限が2020年4月末のauWalletプリペイドカードが出てきました。すでに有効期限切れになっているため、WebMoneyサイトでの残高照会でどういう表示になるのかを試してみます。

残高確認サイト

auが発行しているauWalletプリペイドカードは、KDDI(au)傘下のWebMoneyと結びついています。

WebMoneyサイトの残高照会ページで、auWalletプリペイドカードの残高を確認することができます。

必要なのはauWalletプリペイドカード裏面の中央辺りにあるアルファベットと数字を組み合わせた16桁。

注意)読みにくい書体のため、間違い入力が多いようです。qとoを間違いやすいので注意。なぜこんな書体を採用したのか謎ですね。


正しく16桁コードを入力すると残高と有効期限が表示されます


有効期限が切れたauWalletプリペイドカードだと、

「ご指定のWebMoneyプリペイドカードは、停止カードのためご利用できません。(コード:ERR264)」と表示されます

auWallet残高の扱い

au回線を解約した場合でも、auWalletプリペイドカードは使えます。au回線なしだとチャージ方法などの制限がありますが、残高自体の利用には制限はありません。

端数が残ったときは、amazonのギフト券の購入や、Suicaへのチャージで消化がかんたん。特にamazonギフト券は15円以上で購入できるため、ごく少額の残高も無駄にせずに済みます。

スポンサーリンク

Posted by tama