Googleストリートビューなら初めての駅から地上に出た時に行き先の方向が正確にわかる

Googleマップやストリートビューはスマホの当たり前の機能となりましたが、ちょっと物足りない部分が有りました。

それは、初めて行った駅で地下鉄のように地上に出ていく出口が複数あると、地上に出た時点でいきたい方向がわかりにくことです。

iOS用のストリートビューアプリは地図と景色が同時表示される

PCのブラウザでストリートビューを見る際には、地図の方向と、景色が同期されて、方向を把握しやすくなっています。

スマホアプリだと地図か景色かどちらか一方しか表示できなかったため、景色と方向性が把握しにくくPCより劣っていました。

いつの間にかiOS用アプリは、地図と景色が上下に分割表示可能に改善されています。


例として伊勢佐木長者町駅の北側の出口の場合

下の景色を左右にスワイプすると、上半分の地図の部分中央に表示されているレーダーのようなアイコンが一緒に回転します。

青い扇型方向と景色が同期するため、今立っている位置と方向を正確に把握できます。

これなら、よっぽどのことがない限り進行方向を間違うことが有りません。

Androidはgoogle製以外で可能

AndroidOSをのGoogle純正のストリートビューは以前と同様、地図か景色かどちらか一方しか選べません。もしかするとバージョン的なものがあるかもしれません。

google社以外が出しているアプリは、iOS向けと同じようなものがありますが微妙に使い勝手が異なります。

Google社のストリートビューアプリは閲覧よりも、投稿機能に力が入っているように感じます。スマホの高機能化を活かして、より精密な情報を収集させようという意図でしょうか。

スマホは2台持ちがベスト

よく、Android派とiPhone派が議論するのを見かけますが、使い方によってはどちらも出来損ないだしどちらも良い道具です。

AndroidとiPhone両方持てば弱点を補うことができ、長所を抽出利用できます。

スマホ単体の違いだけでなく、通信トラブルへの対処、電池の持ちに関しても2台持ちは優れています。スマホは単なる道具なので便利さ追求で2台持ち推奨です。

スポンサーリンク

Posted by tama