郵送買取対応チケットショップのギフト券買取価格変動を1年間記録してみた

商品券をもらっても使いみちがない場合は、チケット買取店に買い取ってもらいましょう。

ターミナル駅で二坪程度の狭いチケット店をよく見かけます。その場で買い取ってもらえて便利。もしもそういうお店が無い、あっても買取価格が安く感じる場合は、条件の良い郵送買取店がおすすめ。

郵送買取で買取率が高く個人が利用しやすいお店

実際に利用して良いと思ったお店は2店

以下の条件を満たしています

  • サイトに条件を細かく記してある
  • 買取価格が比較的高い
  • 発送日の消印でサイトの買取価格が保証される
  • 振り込み料金などの費用が高くない
  • 入金が速い
  • 長く運営している

途中からJマーケットも追加しました

スポンサーリンク

モモとアクセスの買取価格の変動を記録してみた

年間で変動しているのは知っていましたが、どう変動するのか気になったので1年間1日2回価格チェックをしてデータを集めてみました。(2019年)

最も代表的なJCBギフト券に絞ってデータ化しています。JCBギフト券はチケット店にとって主力商品の一つで、流通量も多いため全体の傾向を表す指標になります。

  • 左軸が買取価格でギフト券額面に対する買取率
    • 例)額面1,000円のギフトの買取率98%なら、980円で買取
  • 全体としてアクセスチケットのほうが若干高め
  • 上昇期:3月、9月
  • 下降期:年末、4月
  • 98%前後 97.8~98.2%くらいなら好条件ゾーン
  • Jマーケットは4ヶ月(9月から1月)で2回しか変動しませんでした

モモとアクセスの特徴

チケットモモ

飯田橋の実際の店舗に行ったことがあります。よくある零細なチケット店と同じような店構えで3人お客がいると外で待つような狭さ。

店舗で直接買取してもらった3回うち、2回商品券の数を間違えてカウントされました。自動読み取り機の整備がよくなかったようです。数え間違いだと思ったら、もう一度やってもらうか自分の手で店員さんの前で数えて渡せばOK。数え間違いはたぶん悪意ではないのでにこやかに。

こう書くと不安なお店のように思いますが、郵送買取の場合は買取依頼書に枚数を書いておくので心配不要。買取書との枚数ズレがあれば店員さんが再チェックするため意外に安全です。いままで正常に処理してもらえています。

サイトは2000年代前半に作ったのかな?という感じの懐かしい体裁になっています。余計な費用をかけず必要な情報を発信するという意味で十分なものです。

アクセスチケット

チェーン展開していますので、関東・関西にたくさんお店があります。店舗数は右肩上がりで増加中。

リアルショップと郵送買取で買取価格は異なります。複数回リアルショップでの利用経験がありますが、1度だけサイトの価格と同じで他は0.2%程度低い金額でした。店頭にいくらで買い取るか表示していますので、相手を見てということは有りません。

郵送買取の方が買取価格は高めですが、送料や手間がかかります。この費用・手間と考慮すると、リアルショップのほうがお得になる場合が多い。郵送買取がお得なのは買取金額が多い場合。送料と振込手数料を0.2%の買取額の高さで相殺できれば、郵送買取がお得になることもあります。

多少ですがリアルショップ間でも買取額に違いがあります。ちなみに電話しても出ないショップもあり(少人数運営で忙しい)事前の価格確認はしにくいかもしれません。

Jマーケット

チェーン展開するアクセスチケットと異なるのは、サイト上の買取価格を店舗の一部で保証していること。店舗一覧に表示される店舗紹介部分に「web価格対応」と記されている場合はweb価格で買い取ってもらえます。

ライバルのアクセスチケットは概ね店舗のほうがweb価格より安い買取価格です。

Jマーケットは買取額がほとんど変動しないこともあって、シビアに価格チェックしないような人には利用しやすい事業者です。

ちょうど店舗近くまで行くことがあったので利用してみました。「web価格でお願いします」と伝えてJCB商品券を差し出すとスムーズに処理は進みました。

システム化されていて新しさを感じました。郵送買取でも同様にスムーズな処理が期待できます。

郵送買取は書類が必要

リアルショップでは本人確認などまったくなく、商品券を差し出せばすぐに買い取ってもらえます。(Jマーケットは買取申込書・本人確認証が必要)

郵送買取は法的な規制があるため書類を揃える必要があります。個人情報を渡すことになり、お店側もその情報を保管するよう規定されています。この点が気になる人はリアルショップを推奨。

必要な書類、発送方法についてはサイトに詳しく記述されています。よく読んでミスが無いようにしましょう。

スポンサーリンク

Posted by tama