ApplePayのSuicaにチャージできないカードはモバイルSuicaからチャージ

手持ちのプリペイドカードの残高処理をしたいとApplePayのSuicaにチャージしようとしても、カードの登録ができなことがあります。ApplePayの登録カードが限定されているため。

幸いApplePayからチャージできないカードでも、モバイルSuicaアプリからチャージが可能です。

モバイルSuicaのメニュー構成はちょっとわかりにくい

たまにしかモバイルSuicaアプリを操作しないので、毎回アプリ内で迷子になっています。トップページは現代風で、メインの操作は古いタイプのテキストメニュー構成なのが迷子の原因。

やりたいことの多くは、古いユーザーインターフェイスの方に有るので、手順を細かくメモしておきます。


モバイルSuicaアプリを起動


ログインしたら右下の「チケット購入 Suica管理」をタップ

いつも左上のメニューから操作しようとして迷子になっています。右下のSuica管理からと思い出せばスムーズに操作可能。


「登録クレジットカード情報変更」をタップ


新しく登録するクレジットカード情報を入力


セキュリティコード入力


情報確認画面で正しければ、「登録する」をタップ

スポンサーリンク

登録が完了したらトップ画面に戻ります。

「入金(チャージ)」をタップ


チャージ金額が¥2,000になっています。500円だけチャージしたいので「金額変更」をタップ


1,000円、3000円、5,000円、その他が選べます。

500円チャージしたいので「その他」を選択


500円、1000円、2,000円~1万円まで選択できます。

今回は¥500をタップ


¥500と表示されているのを確認して

カードブランドマーク「VISA」をタップします


¥500をチャージしますと表示されているのを確認して

「入金(チャージ)」をタップ


チャージには30秒ほどかかることがあります。

チャージが完了すると通知が出ます。


WalletアイコンをタップしてApplePayのSuicaを見てみると、残高が反映されました。

プリペイドカードの残高処理に便利

キャンペーンなどでチャージしたプリペイドカードの残高処理先としてSuicaチャージは便利。プリペイドカードの残高をSuicaで消化する

細かい残高処理はできないため、端数処理は定番のamazonギフトがおすすめ。15円から1円刻みでチャージできるので端数処理の王道です。

amazonギフトの有効期限は10年:たまトラ

スポンサーリンク

Posted by tama