面倒な新生銀行のログインはスマホだと簡単。PCでもスマホ用ページから可能

新生銀行はセキュリティを高めるためにPCからログインしようとするとやたら面倒。あまりに面倒で、JavaScript(ブックマークレット)を使っています。

スポンサーリンク

セキュリティカード無しでログインできる画面が追加。改善されました

従来の面倒なログインが改善され、IDとパスワードでログイン可能になっています。

PC用

スマホ用

ここから下は古い情報です

スマホからのログインは簡素

ID、暗証番号、パスワード のみでログインできます。これは他行と同じレベル。

PCからのログインだと2段階の認証

まず第一画面でスマホと同様口座番号、暗証番号、パスワードを入力。 セキュリティキーボードを使用するチェックを外すのが地味に面倒。

上の画面をクリアすると、第二画面が現れます。

ここでもセキュリティキーボードのチェックがあります。 更にキャッシュカード裏の数字・英文字を入れのるが煩わしい。

PCでもスマホ画面からログイン可能

http://sp.shinseibank.com/info/sp_guide.htm

にPCから接続すればスマホと同じ画面になります。

PCのブラウザでスマホと認識させる方法

今のところ上のスマホ画面にPCからログインできます。 もしも、将来的にUserAgentをチェックするようになった場合でも利用可能にできます。

ブラウザの拡張機能ををつかってUserAgentをスマホ設定にする

拡張機能をインストールして、AndroidやiPhoneなどを設定します。

Chromeなら UserAgentSwitcher

Firefoxなら UserAgentSwitcher

ブラウザ自体のデバイスエミュレーター機能を使う

  • Windows Chromeの場合
    • Ctrlとshiftを押しながら i キーを押してDeveloper Toolsを開く
    • device toolbarを開く
    • エミュレートしたい端末を選択。ここではNexus6Pを選択中。

操作が面倒なセキュリティ対策はユーザーが穴を作ってしまう恐れあり

新生銀行のPC向けログイン画面は実際に操作をしてみると本当に煩わしい。この煩わしさで新生銀行を見限った人がいるかもしれないレベル。 手間を省こうとJavaScriptでちょちょいと自動ログインブックマークレットを作りたくなります。あるいはマクロ系のログインスクリプトとか。 これは多少セキュリティを低下させるわけで、せっかくの面倒な防護があまり役に立たなくなってしまいます。

そもそもでいえば、スマホのログインは簡素なんだから、PCのログインの面倒さはあまり意味が無いんじゃないでしょうか。

ログインの操作で優れていると思うのはSBI銀行。ログイン自体はIDとパスワードのみのシンプルなもの。送金などを実行しようとしたときに、取引パスワードとキャッシュカード裏面の認識番号表を使うようになっています。 これだと普段のちょっとした確認のログインはお手軽で便利。何か実行するときはしっかりセキュリティ確保となっています。更に認識番号表は新生銀行が数字と英字の組み合わせに対して、SBI銀行は二桁の数字。数字のみの簡便さと二桁化によるセキュリティ確保ができています。

スポンサーリンク