nanacoで5万円超えの支払いをする際に店員さんへの伝え方

nanaco1枚での1回あたりの決済は5万円が上限になります。5万超え支払いはnanacoを2枚使ったり、1枚を残高確認したりといろいろやり方があります。 できるだけ店員さんにスパっと伝わって、レジをスマートに終わらせたいと思っているのでちょっとした工夫内容です。

nanaco2枚で支払う

  • よくあるパターン
    • たまトラ:nanacoで支払います
    • 1枚目のnanacoを読み取る
    • 店員さん:「残高が足りないです」
    • たまトラ:「そのnanacoで5万円支払って、残りは2枚目のnanacoでお願いします」
    • 反省点:これで一応決済できますが、「残高が足りないです」は店員さんにとっても自分にとっても一手間余計
  • 改善1
    • たまトラ:「nanacoを"2枚"使って支払います」
    • 1枚目のnanacoを読み取る
    • 店員さん:"2枚"という意図を理解している店員さんだとスムーズに「2枚めタッチして下さい」となります。
      2枚の意図がわからないと1枚目で「残高が足りないです」に。
    • 反省点:2枚では意図がうまく伝わらない
  • 改善2
    • たまトラ:「nanacoを2枚使って、5万円と2万円に分けて支払います」
    • 1枚目のnanacoを読み取る
    • 店員さん:「2枚目をタッチして下さい」 とスムーズです
    • 反省点(なし):この言い方にしてからは迷った店員さんはいません。複数のnanacoで具体的な決済金額を伝えるのが効果的ということがわかります。
スポンサーリンク

nanacoでの支払いは5万円以下が多い

nanacoの平均決済額は調べても出てきませんでしたが、電子マネーの平均決済額は990円というデータが出ています。

国内電子マネー決済5兆円超え | たまトラ

nanacoの決済件数は年間20億件、会員数6,700万人 参考

件数と平均単価からすると大半の利用者が1,000円未満。ほんとんどが1枚のnanacoで決済し、2枚のカードを出す人はめったに居ないでしょう。

nanacoの場合、納税の節約目的で何十万円単位で支払っている人もいるはずです。とはいえ、そういう人は客全体からすれば少なく、店員さんが5万円超え決済の経験を積む機会はあまり無さそうです。

nanacoで納税。クレジットカードポイントで1%ほどお得 | たまトラ

nanaco残高確認をセブンATMで済ませる

クレジットカードチャージやnanacoギフト、ポイントサイトからの増量チャージなどは、nanacoのマネー残高に入ります。

マネー残高をnanacoで使うには、「残高確認」という操作が必要。言葉からすると単純にnanacoカードの残高を確認する行為に思えます。そう認識している店員さんも多い。

マネー残高を実際に利用できる事を目的として「残高確認」をレジで依頼すると、たまにとまどう店員さんがいます。それだといまいちスマートではないので、セブンイレブンに設置されているセブンATMを使いましょう。 2タッチで残高確認操作でき、マネー残高から利用金額に移行できます。

レジを混雑させる行為は、店にとっても客にとっても損失。できるだけ店員さんがスムーズに業務をこなせるように客側も協力したいものです。

スポンサーリンク

Posted by tama