降車駅が近づいたらアラームで知らせてくれるアプリ

歩くにしろ車を運転するにしろ移動にはそれなりに頭や体を使います。ところが電車のような公共機関だとシステムにおまかせ状態。脳や体の活動をギリギリに抑えても勝手に目的地に移動できます。 活動を抑制するととにかく眠い。電車で座ったら即寝です。立ってても半分寝ている感じ。

乗り過ごさないようにアラームを鳴らす

昔は降車駅を通り過ぎてしまうこともあったので、腕時計のアラームを使っていました。携帯電話普及後はタイマーを使って振動アラーム。アラームを使うようになってからは降車駅を通過する事は皆無です。

現在は、スマホのアプリが便利に使えます。

スポンサーリンク

Android

  • Yahooの乗換アプリ:アラームの鳴動時間を5秒毎60秒まで指定できます。これは優位な点。 乗換アプリとしても使い易い。特に乗換案内の入力が音声で簡単にできるところが便利。(「新宿から横浜」と音声入力ができます)
    これをメインに使っています。
  • navitime:android2.3でも動くのが利点。アラームの鳴動は固定

iPhone

iOSの通知機能の制限があるのでアラーム的にはいまいち。

  • Yahoo乗換: アラームは振動が1回。鳴動時間も約1秒と短い。
  • Navitime: 音と振動を3回。鳴動時間は1.5秒程度。

普通のアラームアプリの方が良いかも

乗換案内のアプリも単純に到着予定時刻の◯分前になっているだけです。 であれば到着時間を見越して普通のアラームアプリを設定したほうが良いかもしれません。アラームアプリなら通知方法を細かく設定できるものが多いからです。ただ、アラームの設定に一手間かかるので便利さは乗換アプリよりも劣ります。

スポンサーリンク

Posted by tama