大雪でも台風でも安心。地デジアンテナはベランダや窓に設置して自分でメンテナンス

大雪でアンテナの破損が多発だそうです。ニュース

2011年の地デジ移行の際に、アンテナの相談をいろいろな人から受けました。

「アンテナは天候によって破損するもの。自分で簡単に修理できるようにベランダか、窓際に設置がベスト」

というのが結論。

アンテナ基地局から距離が遠く、電波がよほど弱い地域でない限りは、平面アンテナで十分対応できます。

デジタル放送の良さは、細切れになって送られてきたデジタルデータをかき集めて、きちんとしたデータにテレビ内臓のコンピュータが形成してくれること。

アンテナ基地局と反対側のベランダにアンテナを設置しても、反射波を拾って受信可能なほどです。

2019年9月の大型の台風15号でも全く問題なし。もしも何かあってもベランダなので復旧は容易です。

ブースター内蔵。26素子相当の高感度
40km圏内でもOK
amazon 26素子で検索
楽天市場

分離型のブースター。設定が細かくできるのが長所。こちらも実際に使って良い結果を得ています。
アナログ時代のブースターはノイズも一緒に増幅するため、使わないほうがマシということもありましたが、デジタルだとノイズと信号の選り分けができるためブースターを気軽に使えます。
テレビが多く配線が非常に長いお宅では、ブースター内臓の平面アンテナの信号を更にこの外部ブースターで増幅することで安定受信できるようになりました。
アンテナの調整が簡単にできる検知器

説明書
短い同軸ケーブルを1本用意

地デジアンテナブームが終わって、大きく値段が下がって買いやすくなっています。
アンテナ線とアンテナやTV機器とつなぐ際に使用
圧着に失敗することも考えて余分に購入するのがおすすめ
4C 同軸ケーブル アンテナ線
5Cより細いため取回しがしやすい。価格もお手頃
アンテナを複数設置ならぜひ購入を

アンテナ線の先端加工はカッターナイフでできますが、数が多いと時間を大きく消費します。細かい作業で疲れますし。
この工具を使えば数秒で作業ができます。一度使ったらやめられません

将来メンテが生じたときにも、これがあれば作業を引き受けてくれる人も多いでしょう
スポンサーリンク

Posted by tama