povo2.0申し込みに必要な情報とエラー状況

auのサブブランドpovoが9月29日から維持費0円の格安プランpovo2.0の申し込み開始です。人気サービスがスタートする際のエラーは恒例行事ですが、大きな問題なく稼働しています。

スポンサーリンク

エラーと対処

code503

本人認証eKYCが済んで配送先の入力後の確認画面で発生するcode503。

混雑時に発生するエラーのようです。

1時間ほどたってから、再度eKYCからやり直すと申し込み完了しました。

Invalid email format

最初のメール認証は6桁の認証コードが届いて問題なく進みますが、申込内容の確認画面で「Order user detail email Invaild email format x」と表示されます。

gmailのエイリアス機能を使っているのが原因でした。エイリアスとは「mailaddress+povo20@gmail.com」 というように「+」でつないだ形式。

mailaddress@gmail.com というように標準的な形式にすればこのエラーは発生しません。

ちなみにauIDではgmailのエイリアス形式のメールアドレスは問題なく使えます。

入力手順はスムーズ

  • povo2.0アプリ(iPhoneAndroid)をインストール、起動
  • メールアドレスを入力
  • メールで届く6桁の認証コードを入力
  • SIMタイプ(SIMカードかeSIMか)、契約タイプ(新規契約かMNPか)
  • クレジットカード情報入力
  • eKYC本人認証:アプリの指示に従ってスマホカメラで撮影します
    • 本人確認証(免許証、マイナンバーカード、在留カードのいずれか)をスマホのアウトカメラで撮影
    • 自分の顔をスマホのインカメラで撮影(正面、横顔など)
  • 住所等の入力:eKYC時の免許証から読み取られて一部自動入力されています
    • 自動入力済:名前(漢字)、生年月日、住所
    • 手動入力:名前(カタカナ)、連絡先電話番号

申込みが完了したら、以下のメッセージが表示されます。

約50分経過後に「本人確認完了のお知らせ」メール

更に50分経過後「SIMカードお届け準備中」メール


povo2.0関連記事


スポンサーリンク

Posted by tama