auポイントとPontaが連携されたのでdポイントに交換してみた

5/21からauポイントのPontaと連携がスタートしました。auはポイントサービス、電子決済を運営していますが、お店でポイントカードを提示するだけで貯まるような仕組みがありません。楽天は楽天ポイントカード、ドコモはdポイントカードで先行。遅れを補うためにPontaと提携というわけです。

連携したとはいえPontaもauPayも一般的なポイントサービス以上の使いみちは無いようです。それに対してdポイントは利用範囲が広く価値が高い。ということで早速交換です。

スポンサーリンク

auポイントはPontaに統合される

auIDとPontaを連携すると、auポイントはPontaと合計されて全額Pontaとなります。

注目点は、Pontaポイントはドコモのdポイントに交換できること。

交換手順

auポイントをPontaに交換する

  • auPayアプリを起動し、pontaのロゴをタップ
  • 住所・電話番号、emailアドレス、生年月日、Ponta会員IDなどを入力
  • auPayとPontaの登録内容が一致して本人確認がとれると連携完了のメールで通知
    • emailアドレスがauPayとPontaが異なっている場合、それぞれにメールが届きます
  • 連携できましたとメールが届いてもしばらくはポイントは反映されません
    →30分後にチェックしてみるとauポイントとPontaポイントが合算されていました
  • 複数のauPayと連携してポイントをまとめたい場合は、Pontaサポートに電話連絡

Pontaポイントをdポイントに交換する

  • ドコモの電話契約が必要
    • ドコモは電話は使わなくても、各種還元目的で1回線契約しておくと何かと便利です。最安のケータイプランなら税抜1,200円/月
  • 初めての交換の際に必要なdポイントクラブ会員番号を取得しておきます
  • 交換完了時期は翌々月の10日頃。少し時間がかかります。
  • 交換は100P単位で、1度に99,900P交換可能。月単位での上限はないようです

dポイントの利用

dポイントカード提示によるポイント付与や、d払い、ドコモ払いはおなじみ。その他にも利用価値の高いサービスが提供されています。

通常ポイント

  • dポイント投資
    • dポイントを使った投資ごっこ。dポイントが増減する仕組みのため手数料・税金が不要で収益をプラスにするのが容易。他社のポイント投資の多くと異なり利用者優位な仕組み。これでも改悪された結果で、2019年までは後出し必勝が可能でした。
  • dカードプリペイド

限定ポイント

通常ポイントより制限がある限定ポイントも使えるサービス

  • 日興フロッギー dポイントで株式購入
    • これは投資ごっこではなく本物の株式購入
    • 株式売却してもdポイントに戻すことはできません。現金として受け取り
    • 日経平均に連動する1321と逆に動く1571を同時に購入・売却すれば、取引手数料0.5%を支払うことで、期間限定を含むdポイントが現金に変わります。
      • 取引に対するポイント還元0.2%(0.1%x売り買いで2回)があるので実質0.3%で99.7%の交換率
      • 1321と1571の同時売買は損益プラスマイナス0(手数料分損失)のため税金はかかりません
  •  iDキャッシュバック

まとめ

おそらくauポイントはPonta経由でdポイントに多く流れると思います。

これを見て、dポイントへの交換に制限を加えるようならau+pontaの未来は暗い。dポイントに流れるのを阻止できるような魅力的なサービスを用意できれば、dポイントに対抗できる勢力になれる可能性が残ります。何もしなければたぶんジリ貧

スポンサーリンク

Posted by tama