限定dポイントをiDに交換できる。期間を6ヶ月延長可能。実際の操作での失敗談

dポイントを電子マネーiDで使うための「iDキャッシュバックコース」の交換条件が変更されました。お得で使いやすくなっています。

変更内容

  • 対象外だったdポイント(期間・用途限定)が対象に
  • 交換できる最小ポイントが2,000Pから100Pに変更
  • 交換レートが1:0.9から1:1の等価に
  • 交換後6ヶ月間の有効期限
    • dポイント(期間・用途限定)の延長に便利
  • 交換上限
    • dカード(iD)が40,000ポイント/月(400口)
    • d払い(iD)が10,000ポイント/月まで

ライバルがひしめき合っている電子決済で、ドコモのdポイント、iDのあわせ技によるパワーアップ効果を狙っているようです。

スポンサーリンク

iDキャッシュバックコースとは

対象はdカード所有、またはドコモ回線契約有りの人。

支払いからキャッシュバックまでの例

  • dカード
    • 1,000PをiDキャッシュバックに交換する
    • dカード次回請求月のうちiD支払いした金額が600円だった
    • dカードの請求から600円差し引かれる
    • 残ったiDキャッシュバック400円分は繰り越されてdカード請求から差し引かれる
  • d払い(支払い元がクレジットカード)
    • 1,000PをiDキャッシュバックに交換する
    • クレジットカード次回請求月のうちd払い(iD)支払いした金額が600円だった
    • クレジットカードの請求から600円差し引かれる
    • 残ったiDキャッシュバック400円分は繰り越されてクレジットカード請求から差し引かれる
  • d払い(チャージ)
    • 推測です)チャージ残高にiD利用分が戻る。タイミングは即時?

注意点は、iDで支払った分だけが差し引きの対象になること。クレジットカード払いには充当されません。

手続き期間と利用期間

iDキャッシュバック(dカード)での例

  • 3/1~3/31にiDキャッシュバックの手続きをすると
  • 3/16~9/15までのdカード(iD)利用分に対して適用されます
  • 初回の充当は5月請求分(3/16~4/15利用分)から
  • iDキャッシュバック照会ページへに残高表示されるのは4/15(手続きの翌月15日)

交換してみた&うっかりミス

お試しで期間限定ポイントを100P交換してみることにしました。iDキャッシュバック(dカード)を利用。


交換ページで数量100と入力して、「交換する」をクリック


確認画面をよく見ずに次へをクリック


もう一度確認画面


「申込む」をクリックした結果

・・・1万ポイントをiDに交換してしまいました。大失敗!!

何度も確認の画面が出てきているのに、1口100Pで100口の1万Pになっていることに気づかないままでした。1万近い通常ポイントを一気に失ってしまってショック。ドコモ投資を楽しむ軍資金が減ってしまいました。

「iDキャッシュバック照会」への反映時期

2020年4月29日に交換手続きした結果

dカードの「iDキャッシュバック照会」ページへの反映は、15日頃となっていますが実際には2020年5月20日でした。GWや自粛要請期間もあったりで、少し遅めだったのかもしれません。

iDキャッシュバックの適用は

  • 交換した月の16日(今回なら4月16日)から
  • 6ヶ月後の15日(今回なら10月15日)までの
  • dカード(iD)利用分に対して

iDキャッシュバック照会のページで確認すると、利用期限は10月15日で予定通りです。

まとめ

大きな還元でdポイント(期間・用途限定)を取得した際には、期間内に効率よく使うのは悩みどころでしたが、今回の改定で簡単になりました。

dポイント、d払いの還元効率のためにも、dカード(年会費無料)かドコモ回線(ケータイ契約なら税抜1,200円/月)は持っておいたほう良いですね。

スポンサーリンク

Posted by tama