パナソニックFAX。FAXに切り替わるまでの呼出し回数を変更する

パナソニック KX-PW308DL-DWを使っている人が、呼び出し音が4回鳴るとfaxに切り替わるため慌てて電話に出ている。ということなので設定方法を調べてみました。

説明書で機能確認

説明書の入手はこちらから

現状の設定状態はどうなっているか

説明書のP60を見ると、呼び出し音4回でfaxに切り替わるのは「留守」ボタンを押した状態。ということは在宅時でも留守電設定で使っているようです。

呼び出し音4回が短いことに対する簡単な解決方法は

在宅時に「留守」ボタンを消灯させておく。これでfaxの自動切り替え3回呼び出し、電話の場合は9回(3+6回)呼び出しにできます。

ただこれを使っている人は、留守、在宅を細かくスイッチ切り替えるような事がとても苦手。

別の方法を考えてみます。

スポンサーリンク

呼び出し回数を増やす設定

説明書P60に「留守のときなど自動で受ける」の項目に、呼び出し回数を変えるにはP84と記載されています。


P84に「呼び出し音とベル回数」という項目があり、標準は4回で他に2,6,9回の設定が可能と記載


具体的な設定方法。呼び出し音9回の場合

操作は親機で行うこと。

「機能/画質」ボタンを押す

#121 とボタン操作

「再ダイヤル/選択」ボタンを押す

9  を押す <ここで回数を指定できる>

「あんしん応答」ボタンを押す

「ストップ」ボタンを押す

操作パネル(クリックで拡大)

説明書は情報の宝庫

家電製品は素人が思いつく程度の「こうならいいのに」という事はたいていできるようになっています。特に日本の家電製品は細かく要望に答えすぎて、不必要な機能が多すぎと批判されるほど。

こういうふうに使いたいのに使えないのかな? と思ったときは説明書に目を通してみましょう。

FAXが必須ならオンライFAXを導入

スポンサーリンク

Posted by tama