レターパックは「プラス」がお勧め。たった150円違いで大きな差

レターパックには2種類あります。レターパックプラスと、レターパックライト。僅かな金額で大きな違い。プラスをおすすめします。

比較表

レターパックプラス レターパックライト
料金 520円 370円
集荷 有り(無料) 無し
配達 手渡し(受領印をもらう) 郵便受けへの投函
配達日数 速い プラスとほぼ同じ
厚さ 制限なし。封が閉まればOK 3cm以内
重量 4kg以内 同左
サイズ A4ファイルサイズ 同左

ゆうびんのレターパック説明ページ

スポンサーリンク

レターパックプラスをおすすめするのは

たった150円の差でサービス内容に大きな差。

  • 集荷に来てくれる
    • 雨でも雪でも来てくれます。年中無休。依頼先検索
    • 郵便ポストに投函できない厚さ4cm超えでも発送できます。
    • 依頼すればレターパックプラス封筒を集荷の際に持ってきてくれます。急な発送にも対応できます。但し集荷する人がレターパックプラス封筒を持っていない事も有ります。普段から1個はストックしておくと安心。
    • 集荷の時間帯は管轄郵便局によって多少差があり。16時位までに連絡すれば当日集荷&発送扱い、それ以降だと当日集荷&翌日発送扱いになるようです。
    • 追跡番号シールを剥がして渡してくれます。レターパックライトのように投函後に番号シールを剥がし忘れた!という失敗がありません
  • 配達が手渡し
    • 受け取る人が大型マンション住まいだと手渡しがありがたい。わざわざ1階まで降りて郵便受けを確認するのは億劫なものです。更に追跡番号を知らせてもらっていないと、ライトの場合は到着したのかどうかがわからず煩わしが激増。
    • 留守がちな人だと手渡しは不便な場合もあるかもしれません
  • 厚さの制限がない

安さを求めるならクリックポストで

クリックポストは

というハードルはありますが、レターパックライトとほぼ同じサービス内容で料金は半額以下。 詳細

比較表

クリックポスト レターパックライト
料金 198円
(2020/3/31までは
188円)
360円
専用封筒 無し あり
集荷 無し 同左
配達 郵便受けへの投函 同左
配達日数 レターパックライトと同等
厚さ 3cm以内 同左
重量 1kg以内 4kg以内
サイズ 長さ140~340mm
幅 90~250mm
340×248mm
スポンサーリンク

Posted by tama