猛暑日でも冷凍品・冷蔵品通販の専用配送は完璧

冷凍・冷蔵品を格安配送してくれるローソンフレッシュ。

冷蔵・冷凍専用の保冷ボックスで運ばれる

銀色の専用ケースで運ばれます。しっかりした断熱ボックスのため、猛暑日でも常温保管でOKだそうです。


断熱のため肉厚の箱です。

左側の広い仕切り部分が冷蔵品エリア。牛乳パックが見えています。

右側のやや狭い仕切り部分が冷凍品エリア

写真は撮れていませんが、それぞれに保冷剤が3~4個入っています。

配送トラックの荷室に保冷ボックスの状態で積載。真夏の荷室の温度は50℃程度になることも。その環境でも問題のない性能です。

スポンサーリンク

一般的なチルドパック配送は冷えていないと問題に

過去に告発されています。お客が個別に発送したものを、保冷ボックスに一緒に詰めて保冷するタイプでの問題。顧客が望む冷却品質を保つのは、現場としては難しいようです。

「チルドゆうパック」、実は冷えていなかった | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「クール宅急便」の温度管理に関する調査結果、および今後の再発防止策について | ヤマト運輸

ローソンフレッシュの場合は、客ごとに配送ボックスが専用で用意されます。保冷剤は十分で、保冷ボックスの開け閉めもありません。発送時の温度をきっちり保てます。

amazonで業務レベルの保冷剤、保冷ボックスも手に入る

冷凍状態-16℃を長時間保てる設計。
0℃に保つ。冷蔵用
業務用の保冷ボックス。ローソンフレッシュの保冷ボックスよりは簡素な作りです

個人で普通に使うのならこういうもので。保冷性能はそれなりですが、保冷剤を多めに入れることで温度を保てます。
スポンサーリンク

Posted by tama