1年半ぶりに洗濯槽クリーニングをしたら少し汚れてた

酸素系漂白剤・洗濯槽クリーナーを使っての洗濯槽のクリーニングは、昔は半年ごとにやっていました。洗濯後の乾燥処理をするようになって、7年ほど前からは1年毎。3年前から1年半ごとにと徐々に周期を伸ばしています。 クリーニングをして全く汚れが出なければ周期を伸ばし、汚れていれば周期を見直すという感じ。

1年半周期での2度目の結果

洗濯槽クリーニング後の汚れ具合:ちょっとパルセーターなどに汚れが付着しています。カビのような気持ち悪いものではなく繊維状のもの。

洗濯槽クリーニング後_矢印

前回は綺麗でしたので、今回は今までにない現象。

今後のクリーニングは1年周期に変更

1年半だとわずかですが汚れが目についたため次回からは、半年縮めて1年周期とします。 1年と3ヶ月という手もありますが、一回のクリーニングコストは150円程度。手間もほとんどかかりませんので、1年周期でいいでしょう。

ちなみに、この1年半の洗濯回数は153回。 直近の1年は97回。 このことから1年周期だとクリーニングコストは1回あたり1.5円程度ということになります。安い。

なぜこんな細かい数字がわかるかというと、洗濯した日をコンピュータに記録しているから。 期間を指定すると一発で回数が出てきます。 通常の家事(掃除等)は周期を決めているので計算すれば年間の回数はすぐ算出可能。 洗濯は不規則に行うので、記録するようにしています。

回数を記録しておくと、何かの改善の際に費用計算、時間計算がすぐにできます。現状より良くしたい → 装置の購入などに投資するかどうかの判断が素早くできるメリットも有ります。

スポンサーリンク