デジアナ変換が2015年3月終了なので、シンプルなデジタルレコーダーを選ぶ

No-100

CATVのアナログ変換が来年春で終了なので、アナログビデオで粘っている人もデジタルへの移行が必要です。

相談を受けた知人は10年前のアナログビデオの機能で満足している状態。 見たい番組を予約して、録画し再生後に消す。ごくまれに記録して残す。 という使い方。

この使い方だと、できるだけシンプルで安いものが適しているという事で選んでみました。

PanasoniのDMR-BR160-K

シングルチューナー、BDは読み書き可能、DVDは読み込み専用。HDD容量は320GBと小さめですが、見たらすぐ消すという使い方なら十分。 価格は2万円台。

BDメディアは50枚セットで2,500円割れ。こちらもお手軽価格です。

 

PC系のメーカーもレコーダーを販売していますが、アナログビデオからの移行だと、家電メーカーが無難。家電メーカーの方が説明書用語の使い方も、それなりに配慮されています。 値段もこの機種とさほど変わりません。

高機能レコーダーを買うくらいなら、PCで録画が便利

高機能なレコーダーは、操作が複雑で使い勝手がいいとは言えません。 PT2系のハードをPCに追加して、自動処理を行った方が楽で便利。データ保存のダビング10の影響もうけません。 エンコードの設定次第でサイズ・画質もお好みにできます。

 

スポンサーリンク