Windows10 スリープからの復帰をマウス操作で行う設定

ノートPCの液晶モニターはどれもチープ。30万円クラスの高額なものでも残念ディスプレイです。まともなPC画面環境を整えたい場合は、良い外部モニターを接続して使いましょう。

外部モニターで快適に使う設定

キーボード・マウスも外付け

ノートPCはキーボードもチープ。タッチの悪さ、レイアウトの悪さはちょっとした拷問。

まともなキーボードをつなぎましょう。安物でもノートPCよりはるかにまし。

マウスも外付けで。外付けならタッチパッド、トラックボールなどお好みで選べます。ペンタブをマウス代わりにするのも快適な方法。

画面を閉じてもスリープさせない設定

ノートPCの液晶を閉じた状態でも電源が切れない、スリープにならない設定をします。設定方法

スリープからマウス操作で復帰する設定

この設定は通常しなくても大丈夫なノートPCが多いのですが、Dellのノート(E7240)では設定が必要でした。

デバイスドライバ-マウスのプロパティで、「電源の管理」タブが無かったため追加する方法です。DELLサイトに詳しく手順が記載されています。

ポイントはBIOS設定。[Power Management]-[USB Wake Support]-[Enable USB Wake Support]のチェックをONにします。

まとめ

ノートPCは妥協に妥協を重ねた快適さギリギリの情報機器です。まともに使いたいのなら、良質な外部モニター、キーボード、ポインタ装置(マウス類)を用意。

特に老眼が進んだ人にはノートPCの小さい画面は最悪です。老眼で文字が見にくいとこぼしている人がいたら、40インチクラスの大型モニターを1m程度離れた位置から見られるようにしてあげると喜ばれます。これなら12インチクラスの小型ノートでも快適。小型ノートは不調時には宅配でサポート担当に簡単に送れるので便利です。写真ではノートPCの画面を開いていますが、普段は閉じた状態で使ってもらっています。

スポンサーリンク

Posted by tama