Yahooカードのサービスが低下。PayPayカードへの布石か

nanacoチャージでTポイント1%付与目的で発行した人も多いYahooカード。一昨年nanacoチャージポイントは半分の0.5%に減り、来年2月からは更にサービス低下に。

変更内容

昨年のPayPayスタート時からYahooカードは優遇されたため、カード価値が復活していました。それもいつまでも続くわけではなく、PayPayのばらまきもそろそろ終了に近付き、カード側も還元の見直しです。

  • nanacoチャージでTポイント0.5%付与
    • 2020/2/1からは、付与なし
  • PayPya残高チャージ、PayPay決済でTポイント1%付与
    • 2020/2/1からは、付与なし

必要がある人は、1月末までにチャージをしておきましょう。

スポンサーリンク

nanacoも変化

nanaco側もサービス内容がダウンしていて、クレジットカード+nanacoでお得というものはだいぶ縮小してしまいました。

  • 税金など公的な支払いではnanaco経由はまだメリットがあります
  • クレジットカードからのチャージに回数と金額に制限。使いにくくなっています

nanacoチャージでポイントが付くカード

2つ挙げておきます

  • リクルートカード 3万円まで1.2%。カードは2種類(JCB+MasterかVISA)発行できるので、6万円までポイントを得ることができます
  • 東急カード 1%

PayPayカード発行か

ソフトバンクとLINEとの合併(ソフトバンク傘下に)で、金融部門をLINEとPayPay二本立てで行くのか、PayPayに統合していくのか。それぞれ強いブランドなので一気に統合はせず、二本立てでしばらく継続するでしょう。

PayPayは大金を投じて金融ブランドとして成長中。その一環でクレジットカードの発行もされるはず。

PayPayカードの発行機運が高まったら、発行予想時期の前2ヶ月位はクレジットカードを作らずに待機しましょう。たぶん、最初は良いキャンペーンをやるはずなので、確実にPayPayカードを発行できる準備をしておきたいですね。

スポンサーリンク

Posted by tama