銀行口座間の資金移動を無料で簡単に。スマホアプリpringを使う

複数の銀行口座を用途によって使い分けている場合、A銀行の残高が少ないから、B銀行から少しお金を移したいときがありますよね。

一般的な方法としては、

  • B銀行口座からA銀行に振込
  • ATMでB銀行から出金してATMでB銀行に入金

どちらも有料だったり、無料利用は回数制限があったりします。

こんな場合に無料でスマートにこなせるのが、スマホアプリのpring(プリン)

スポンサーリンク

pringを使った別銀行口座間の資金移動

資金移動の手順は簡単

  • まず残高の多いB銀行からpringにチャージをします(無料)
  • チャージ残高を確認して
  • pringから残高の少ないA銀行に出金します(無料)
  • これで資金移動は完了

事前準備も簡単

銀行口座をpringに登録。ネット銀行やオンライン口座を利用していれば簡単に登録できます。

pringの長所

  • 銀行口座間の資金移動が無料
  • セブン銀行ATMでの出金が無料
  • pringを経由すれば面倒な銀行のログインが不要。これが簡単操作の理由

実際のアプリ操作

アプリ画面の右下「チャージする」をタップして、銀行口座からpringにチャージします

<細かいチャージ操作画像は省略>


1万円チャージしたので、残高が10,104円になっています

<細かい出金操作画像は省略>


銀行口座に出金すると、出金中のメッセージが出ます。

内容は

  • 出金先の銀行営業日の11時までに手続きすれば当日15時までに出金される
  • 11時以降だと翌営業日の15時頃出金


アプリのトップ画面に戻ると、pringの残高は104円になっています。


実際の出金の反映は、15時過ぎにpringで出金操作→翌営業日9時20分には入金されていました。たまたま早かったり、銀行によって反映時間が異なるかもしれません。説明通り15時頃という前提で利用するのが安全です。

登録できる銀行

主要なネット銀行を利用できるので利用者のカバー率は高いと思います。

2019年11月

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 愛知銀行
  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • SBJ銀行
  • 愛媛銀行
  • 関西みらい銀行
  • 北九州銀行
  • 紀陽銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 七十七銀行
  • 親和銀行
  • スルガ銀行
  • 千葉銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 八十二銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • 宮崎銀行
  • 武蔵野銀行
  • 琉球銀行
スポンサーリンク

Posted by tama