キャッシュカードやクレジットカードの破損防止

昨年、長く使っていたキャッシュカードが2枚使えなくなりました。1枚は10年ほど、もう一枚は8年ほど使ったもの。磁気テープの読み取り不良が原因。

手持ちの四半世紀超えのカード複数枚が正常に使えています。持ち歩きの多いカードに不良が発生していることから、重ねてケースに入れていてカード同士が擦れ、磁気テープを痛めたようです。

であれば、今時のICカードタイプにしたらどうだろうと。 昨年再発行した2枚はいずれもICカードタイプに変わっていました。 手持ちの古い磁気タイプもICカードにしてもらえば良さそうです。

銀行に問い合わせてみると

古い磁気テープタイプならICタイプへの変更は無料

都銀1、地銀1、信金1に問い合わせてみました。いずれ内容は同じ。

  • 最寄りの支店(口座発行支店でなくてもよい)に、本人確認証(免許等)、キャッシュカード、通帳、印鑑を持参。
  • 1~2週間で自宅に新しいカードが届く
  • 届いたら古いカードはハサミを入れて破棄

オンラインバンクなら電話対応で済みます

ICカードの耐久性はどうか

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97_%e5%90%8d%e7%a7%b0

磁気テープより優れているイメージでしたが、接触式のICカードだと汚れや静電気の弱点が有ります。一長一短。

非接触式のICカードならなら弱点はほぼありません。 Suicaやnanacoは非接触のため長く使えそうです。

no-00157

http://jaisa.jp/action/group/card/kaisetsu.html

磁気テープもまだまだ捨てたものじゃない

キャッシュカードはクレジットカードと異なりATMという限定された装置でしか使わなないもの。 ICカード化によるセキュリテイアップ効果はさほどありません。

耐久性の面では磁気テープタイプの良さもあるので、磁気テープ式から接触式のICカードタイプに慌てて変更しなくても良さそうです。

磁気テープ保護のため、カード同士が重なって擦れないよう「1枚毎ケースに入れて」持ち歩くようにしました。薄い材質なのでかさばりません。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%a3%81%e6%b0%97

キャッシュカードのICカードタイプはなぜ接触式

接触式ICカードには世界レベルでの統一規格「EMV」が有ります。Europay、Mastercard、Visaの頭文字をとったもの。 こういう規格を統一するには業界の巨人同士の利害をかけた戦いがあるわけで、そうそう次々に規格を統一することはできません。

非接触は世界でもまだ少数派。Suica、nanaco、Waon のような国内限定カードなら問題ありませんが、世界レベルの規格統一は難しい。 交渉の場でヘラヘラする人が多いお国柄ですので、規格統一の殴り合いは腕力のある人達にやってもらいましょう。 決まった規格を受けて国内でも従っていくパターン。

スポンサーリンク

キャッシュカードは、非接触式カード・おサイフケータイになるか?

非接触式カードは前述のように、海外との関係もあるので導入は難しそうです。 国内限定という形なら非接触も導入可能になります。 ATM側の改修が必要になるため費用や各行の足並みが問題。

今年に入ってから総務省主導の官製談合で携帯会社には金が有り余っています。 ATMへのおサイフケータイ導入を餌に携帯会社にカネを出させ、おサイフケータイ対応ATMの大量設置というのは現実的。 問題になるのは財務省・総務省の縄張り争いですね。国内利権の拡大を職務とする内弁慶同士の戦い。

 

ちなみに国内クレジットカードは、2020年までにIC化を義務付けです。国内の店舗・決済事業者のICカード化はまだ2016年で17%程度。かなりな無理矢理な推進に感じます。 こちらは経済産業省がお決めになったことでございます。

スポンサーリンク

Posted by tama