[2021年8~10月]はじめてTマネーを登録しApplePay・GooglePayのタッチ決済で支払うと20%還元

今回のキャンペーンは他社に負けない良い内容です。

スポンサーリンク

内容

「Tマネーかざして支払い はじめて利用キャンペーン」Link

「Tマネーかざして支払い」とは

あまり聞き慣れない「Tマネーかざして支払い」は、電子マネーの「iD」と「Mastercardコンタクトレス」での支払いを指します。わざわざ言い換えると混乱するだけのように思いますが、商標等の絡みがあるのかもしれません。

コンビニやドラッグストア、スーパーなど多くの店舗で「iD」が使えます。

iPhoneとAndroidで若干仕様が異なります。2021年8月現在

初めて登録で200ポイント還元

  • 期間:2021/8/1~9/30
  • 「Tポイントアプリ」から初めて「Tマネーかざして支払い」の利用手続きをすると、もれなく200ポイント
  • 還元内容
    • 通常のTポイントで、10月中旬に付与予定

「Tマネーかざして支払い」で支払うと20%還元

  • 期間:2021/8/1~10/31
  • 「Tポイントアプリ」から初めて「Tマネーかざして支払い」の利用手続きをして、「Tマネーかざして支払い」をすると20%還元
  • 還元
    • 還元は「Tマネーチャージ限定ポイント」で、Tマネーのチャージにのみ使えるTポイント。TマネーにチャージすればiD払いできるので使いやすいものです
    • 上限1,000ポイント。買物の目安は5,000円です
    • 11月中旬に付与予定

Tマネー概要

Tカード、Tカードアプリにチャージして使えるプリペイド型の電子マネー。

当初はTポイント加盟店でしか使えなかったため、他の電子マネー比べると使いにくいものでした。現在はApplePay、GooglePay経由で汎用性の高い「iD」と、市場が拡大しつつある「Mastercardコンタクトレス」が使えるようになったため他のプリペイド型電子マネーと遜色なくなりました。

Tマネーの有効期限は出し入れした最後の日から10年と長いため、キャンペーンでちょっと多めのチャージをしても問題有りません。

電子マネーとしての還元率が気になりますが、月間利用合計金額500円ごとに1P(還元率0.2%)と低いため普段使いとしては魅力不足。

Tポイントの利用先の代表格だったYahooがPayPayボーナスに移行しているため、今後「Tマネーかざして支払い」でのTポイント消費が増加するかもしれません。

Tマネーへのチャージ方法

複数の手段が用意されていますので、誰でもチャージ可能。クレジットカードはTポイントのマークが付いたものに限定されていることに注意。

  • ファミマなど店舗でチャージ
    • 1,000円単位、最大3万円まで
  •  クレジットカードからチャージ
    • 使えるクレジットカードは限定されています。「クレジットカード機能付きTカード」からチャージ可能。対象カード
    • 1,000円単位、最大3万円まで
  • 後払いのPaidyでチャージ
    • 3,000円以上、1,000円単位
  • 「Tポイント」でチャージ
  • 「Tマネーが利用先となる期間固定Tポイント」でチャージ
  • ギフトカードからチャージ
    • ツタヤ:3,000円、5,000円、10,000円の3種類
    • ファミマ、ウェルシア:3,000~3万円。1円単位で指定できる

Tマネーかざして支払い用の安い中古iPhone

スポンサーリンク

Posted by tama