[2021年5~6月]三井住友カードをApplePayに登録してタッチ決済すると1,000円還元

日本のNFC市場が特殊だったこともあり、導入が遅れたVisaタッチのApplePay対応。対応を記念してのキャンペーン開始です。

キャンペーン内容

条件はシンプルなのでApplePayに登録して還元を受けましょう。Link

  • 期間:2021/5/11~6/30
  • 三井住友カードをApplePayに登録して、Visaタッチ決済を行う
  • 還元率15%、上限1,000円。6,700円の買い物で上限です。
  • エントリー不要
  • 還元時期と還元方法
    • スタンダードカードとANAカード
      • ポイントで還元
      • 5月末まで利用分は6月下旬~7月下旬
      • 6月末まで利用分は7月下旬~8月下旬
    • VisaLinPayクレジットカード
      • 請求額から減算。減算しきれない場合は繰越
      • 5月末まで利用分は7月下旬~8月下旬
      • 6月末まで利用分は8月下旬~9月下旬

いろいろ揉めた

ApplePayでタッチ決済がスタートしたのはiPhone7からで2016年のこと。国内では保守的と思われたSuicaが参入したこともあり、QUICPay、iDが対応。

世界共通仕様にこだわるAppleとしては珍しいのですが、iPhone7では日本独自仕様としてFeliCa(おサイフケータイ)を搭載しました。iPhone8以降は世界共通仕様でFeliCaに対応しています。

2016年当時、JCBはQUICPayを簡単にApplePayに対応できるシステムを提供して、JCB以外のカード会社の取り込みに成功。タッチ決済市場ではマイナーだったQUICPayを頻繁に目にするようになりました。

iDはQUICPayに比べて対応しづらいシステムだったため大きく出遅れます。iDはドコモ側のプラットフォームで、盟友だった三井住友カードにしてみればQUICPayに遅れを取ったことに苛立ったと思われます。これがきっかけだったのか、2018年10月にドコモと三井住友は提携を解消しました。

2020年に三井住友はLINEと提携、2021年にドコモと三菱UFJ銀行が業務提携とおもしろいことになっています。

スマホがあらゆる業界の力関係に大きく影響する時代。AppleとGoogleの圧倒的な立場、それに続く携帯電話会社の影響力。いろいろな業界で変動が続きそうです。

スポンサーリンク

Posted by tama