dポイントがリクルートのじゃらんやホットペッパーなどで使える

2020年まではリクルートポイント → Ponta → dポイントに交換するルートを活用していました。2020年9月にpontaからdポイントへの交換ルートは終了しています。

Pontaの運営会社(株式会社ロイヤリティ マーケティング)の主要株主であるリクルートが、2021年5月からリクルートのサービスでdポイント利用開始です。

スポンサーリンク

dポイントで利用できるリクルートサービス

リクルートポイントと同様にdポイントを支払いに使えます。予約内容や購入額に応じてdポイントも貯まります。

  • じゃらんnet
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパービューティー美容クリニック
  • ポンパレモール
  • 人間ドックのここカラダ
  • リクルートかんたん支払い
  • ゼクシィ内祝い
  • Oisix

利用開始方法

  • 2021年5月24日からサービス開始
  • リクルートIDとdアカウントを連携することで使えるようになります

Ponta運用会社の株主構成

株式会社ロイヤリティ マーケティングの株主構成です。リクルートは第四位で15%保有。

  • 三菱商事 22.37%
  • ローソン 20.00%
  • KDDI 20.00%
  • リクルート 15.00%
  • 日本航空 15.00%
  • 三菱UFJ銀行 5.00%
  • ゲオホールディングス 2.63%

思惑が入り組んでいてい面白いですね。

まとめ

スマホ決済は大手に集約されて決着が付きましたが、ポイント界隈はまだまだ合従連衡が続きそうです。

用途の広さ、大盤振る舞いから考えると、dポイントを主としてPayPayボーナス、楽天ポイント、Ponta(au)を補助として貯めれば、効率よく運用できると思います。

スポンサーリンク

Posted by tama