自動車事故を記録する360°全方位ドライブレコーダー

日本でもドライブレコーダーを自動車に取り付けるのは一般的なことになりました。需要が高まったことで一気に価格がこなれて、中華品なら3,000円程度の安物でもFullHD画質対応と高画質化が進んでいます。今後の多機能・高性能化の一つとして360°全方位カメラがあります。

360°ドライブレコーダーの映像例

視点の動かし方:画面上でマウスの左ボタンを押しながらマウスを動かせば前後左右上下に視点が動きます。

この事故は前方だけのため、360°の視点はあまり必要ありません。それでも、視点を変えて横を見るとぶつけられたときの車の移動量、車内のステアリングの動きなど、ほーと思う部分はあります。もしも走行中なら前後左右の関連する自動車の位置が把握でき、役に立つ情報が得られます。

360°ドライブレコーダー

現段階では、証拠映像として一般に認知されている普通の高画質低価格ドライブレコーダーをメインにし、360°カメラは位置関係を把握するための補助レコーダーとして組み合わせるのが良さそうです。

コムテック ドライブレコーダー HDR360G

画質が売りの国内メーカー

Speeder ドライブレコーダー S360

性能が期待通りでない場合でもamazonの返品の簡単さでチャレンジしやすい。

 

GuruDora360  駐車中録画(赤外線照射付)
日本製ユピテル Q-01
720度 (360度+360度)全天球
スポンサーリンク

Posted by tama