auPayプリペイドカード、チャージ方法によるチャージ可能額一覧

auPayプリペイドカードはチャージタイプのカードです。チャージ方法も増えてきて便利になっています。チャージ方法によってチャージ金額が異なることが気になったので一覧表にしてみました。

チャージ方法ごとのチャージ金額一覧表

1回にチャージできる金額が、チャージ方法によって微妙に異なります

◯は可能、- は不可

金額クレジットカード銀行auかんたん決済PontaポイントATM(セブン銀行、ローソン銀行)auショップ
pipit
ローソンレジ
100円以上100円単位1,000円以上1,000円単位1,000円以上1000円以上1円単位で可能
¥100
¥1,000
¥2,000
¥3,000
¥4,000
¥5,000
¥6,000
¥7,000
¥8,000
¥9,000
¥10,000
¥11,000
¥12,000
¥13,000
¥14,000
¥15,000
¥16,000
¥17,000
¥18,000
¥19,000
¥20,000
¥21,000
¥22,000
¥23,000
¥24,000
¥25,000
¥30,000
¥35,000
¥40,000
¥45,000
¥50,000
¥70,000
¥100,000
¥500,000
  • コンビニのローソンは1,000円以上で1円単位でチャージ可能。端数調整に便利です。
  • auポイントのチャージは100P以上100P単位。月2万Pまでチャージ可能。
  • ATM(セブン銀行、ローソン銀行)からの現金チャージだと1,000円単位で50万円までチャージ可能
スポンサーリンク

チャージ方法の特徴

クレジットカード

3,000円以上から可能。月額の上限は25万円。

MasterCardは発行元に限らずチャージ可能。VISAとJCBはカードの発行元によって使えるものが限定されます。

auPayへチャージするとポイントが付与されるクレジットカードを使うとお得。auPay自体で0.5%、クレジットカードで1%付与されたとすると合計1.5%の還元。一手間かける価値はあります。

所有するクレジットカードが、auPayカードへのチャージでポイントを獲得できるかは、クレジットカード会社に確認します。
au Walletプリペイドカードにチャージでポイントが付くクレジットカード | たまトラ
オートチャージの設定が可能です。

auPayアプリを使ってじぶん銀行からオートチャージ

2018年から導入されたサービスです。auPayプリペイドカードとじぶん銀行を事前登録しておくと、利用金額の不足分だけが自動チャージされます。1円単位のオートチャージが可能です。

プリペイドカードが、デビットカードの使い勝手に変わると考えると理解しやすい。

auPayアプリのインストール・チャージ等を実際にやってみた

auじぶん銀行

1,000円、3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、35,000円、40,000円、45,000円、50,000円、70,000円、100,000円

たまにキャンペーンが行われていて、チャージ金額に5%程度上乗せされることが有ります。 キャンペーンがある時にまとめてチャージしておけばかなりお得。

キャンペーン実施の際にはじぶん銀行に登録したeメールに通知されます。 手順が複雑なキャンペーンも有りますので、内容をよく読んで利用しましょう

オートチャージの設定可能。

ローソン銀行

提携銀行はローソン銀行のみ(2021年2月現在)。チャージ金額はauじぶん銀行と同じ。

auかんたん決済

auの月々料金と一緒に支払う方法。前借りのような感じでauPayプリペイドカードにチャージできます。

毎月の支払いがクレジットカードの場合、auPayプリペイドカードにチャージ可能なカードであることが条件。クレジットカードから直接チャージするときとはカードの種類が異なるので注意。

前借りなのでauから見た利用者の信頼度で上限金額が異なります。

上の表では10,000円上限とされていますが、運用上はもう少し枠が大きく設定されています。手持ちのau契約で確認してみると1ヶ月目で「ご利用可能額が30,000円、チャージ可能額が20,000円」でした。ご利用可能額が24,938円なのはコンテンツで5062円利用済みのため実際は3万円。

毎月のau料金をクレジットカードで支払っていればクレジットカードのポイント還元のメリットを受けられます。

オートチャージ設定可能。

ATM(セブン銀行、ローソン銀行)で現金チャージ

お札をATMに入れてチャージするため、1,000円以上1,000円単位になります。お釣りは出ないので1万円札を使って8,000円入金というようなことはできません。

上限が50万円と高いのが特徴。

[終了]auPayチャージカード

2020年9月に終了しています。

auショップで売られているチャージ用カード。 プレゼント(ギフト的な)に使ってもらうために用意されています。 普通はあまり使わないものです。

auショップ・Pipitでのチャージ

店頭でチャージする方法です。最近はチャージ専用機が設置されていて自分でチャージできます。機械がない場合は店員さんに依頼してチャージしてもらいます。

ローソン

1,000円以上なら1円単位でチャージ可能。auPayを使い切りたい時に端数調整で利用すると便利です。

まとめ

たまに行われるキャンペーンをうまく利用するとお得。特にじぶん銀行関連。

クレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイン還元分お得。但しポイントが付くかどうかはクレジットカードによって異なるのでクレジットカード会社に確認。

au料金をかんたん決済対応のクレジットカードで支払っていれば、クレジットカードのポイント還元を間接的に受けられます。

スポンサーリンク