amazonで指定の住所にお届けできないとメッセージが出て問い合わせた話

説明が長いので対処方法を先に見たい場合は、配送不可が出たら出品者を変える

スポンサーリンク

症状

いつものようにamazonでカートに入れてレジに進むと、見慣れない画面が。

お届先住所の選択 と出てきます。
No-00107

「この住所を使う」 をクリックすると

No-00106

「ご指定の住所、店舗にお届けできない商品、またはご指定の配送方法でお届けできない商品が含まれています。配送制限について、詳細はこちらからご確認いただき、お届け先、配送方法を変更してください。 」

のメッセージが出ます。

試しに、別のショップを選択しても同様。4店舗確認して全て同じメッセージ。関東は配送料無料になっているんだけど、どういうことだろ。

No-00108

別の関東の郵便番号を入力して試しても同じ結果。まったく別の商品では、問題なくレジまで行けます。

これはショップ側の条件が細かく有るのかも。でもそれはどこで見るんだ?

amazonに問い合わせてみた

ここまででだいぶ時間を使ったので、amazonに電話で問い合わせてみました。

本人確認(emailアドレス、登録名、住所等)のあと、該当のページをサポート担当が開いて状況を確認。

オペレーターの回答は

「amazonマーケットプレイスの出品者が配送地域を指定できるため、お客様の地域には配送できないと指定があるようです。細かい配送の確認は、ショップごとの配送料金の項目を見てください。」 とのこと。

的確で気持ち良い対応。

早速細かく見てみる

国内向け配送料金

一番上のショップ山口 こちら

関東への配送料無料なのに、「配送不可地域」に「関東」が指定されています。これはダメです

No-00111

2番めのショップ Dfマーケット こちら

関東への配送料0円になっていて、配送もOK

No-00110

3番めのショップ ディリーボックス こちら

これは1番めのショップが名前を変えて出品。または卸元があって、そこからのドロップシッピングでの出荷のようです。 関東へは配送不可。

No-00115

4番めのベアーズセブン こちら

No-00112

4番めは、1番目、3番目とかなり近い内容で配送不可。住所は大阪なので、これはドロップシッピングで確定ですね。

今回は2番目のDfマーケットが自分の都合にあっています。電話前にチェックした四店舗で配送不可だったのは、偶然同じようなドロップシッピングの店を4連発で引き当てたのが原因のようです。

配送不可が出たら出品者を変えるといい

複数の販売業者が扱っている場合は順番に試す

前述のように発送元が同じで、複数の業者が出品している場合は、次々に配送不可になってしまうため自分に問題か? と心配になります。

でも、その場合でも諦めず取扱店を順に当たれば、自分に合う条件の店は見つかる可能性があります。

下のように商品画面の「新品の出品」というところをクリックすると、店のリストが出ます。

No-00113

ショップを一つ選んで商品をカートに入れてレジに進む。「お届けできない」メッセージが出たらカートから商品を削除。別のショップを選ぶを繰り返します。 たくさんショップが表示される商品なら、無料配送のショップがたいてい見つかります。

もう一つの注意点として、レジに進んだら「配送料」を確認します。 配送できるけど送料が加算されている場合があります。無料配送を希望しているなら見落とさずに。
No-00035_0

ショップリストの順番は表示のたびに変わる

表示されるショップリストは、価格が同じだと表示するたびに順番が変わります。上から何番目で記憶すると同じ店をまたチェックするようなこともあるので、店名をメモをしてチェックしていくと効率がいいです。

スポンサーリンク