WiMaxモバイルルーターW04のSIMが取り出せない。ピンセット取出→分解して取出し

WiMaxのモバイルルータW04はSIMロックフリーで、WiMAX以外のスマホ用SIMで使えます。癖のあるauの4G LTE回線や、データ使い放題の楽天モバイルでも使えるのが良い点。

久しぶりに使おうとしたらSIMが抜けないトラブル発生。対処方法です。

スポンサーリンク

SIMが抜けない

W04のSIM挿抜の仕組みは、1回押し込むとロックされ、ロック状態から押し込むと解除されるタイプ。

すでに入っているSIMを取り出そうと爪や金属ピンで押し込んでもびくともしません。

こういうときはピンセットで地道に引っ張るのが安全策。何度かつまんで引っ張ることを繰り返すと徐々に出てきて取り出せました。

接点復活剤で滑りを良くする

ルーター側の端子とSIMの端子との滑りを良くすれば改善するだろうということで、接点復活剤をSIMに吹きかけてみます。ルーターにSIMの抜き差しを繰り返すとスムーズになってきました。これならmicroSIMでの運用なら問題ないレベルです。

amazonで接点復活剤

SIMアダプターでnanoSIMを入れると取り出せない

接点復活剤で改善したので、次はSIMアダプターでの取り付けに挑戦。W04は現在主流の小さいnanoSIMよりも大きいmicroSIM対応なので、nanoSIMを使うにはアダプターと一緒に挿入します。

アダプターを使うと厚みが若干増すためかなりきつい。最悪分解すればいいやということで押し込んでみます。

結果はガッチリとハマってしまい、ピンセット作戦も通じない状態になってしまいました。

分解してSIMを取り出す

道具を2つ用意して取り掛かります


特殊ネジ用の星型ドライバ


外装の爪を外しやすくするためのケースオープナー


まずは、サイドのネジを外します。薄い膜でカバーされているので剥がして、ネジの頭が見えてからネジを緩めます。


背面カバーにケースオープナーを当ててスルッと入るところを探します。オープナーの先端が入ったら、徐々に横にずらして背面ケースの爪を外していきます。


今外したのは電池交換時のカバーなので、もう一段下の背面カバーを外します。ネジを6本はずします。


ネジを外したら、先程と同じ用にケースオープナーを差し込んで爪を破損しないように剥がしていきます。注意点は電池と本体基盤をつなぐフレキシブルケーブルを切らないこと。切断すると本体まるごと廃棄処分コースです。


SIMスロット部分が露出したので、挿入方向から反対側にある隙間や穴にSIMピンのような尖ったものを入れて少しずつ押し戻します。無理な力を加えると破損するので慎重に。

ガッチリとハマっていましたがなんとか取り出せました。


このあとも、SIMの抜き差しを時々するつもりなので、半分解状態にしておきます。室内でしか使わないので、とりあえず輪ゴムで固定してみました。

amazonでケースオープナー
消耗品なので多めの購入がおすすめ

中古品がお手頃価格

イオシスでWiMAXルーターが3,000円程度。

  • 保証がしっかりしている(3ヶ月)
  • おかしなものを掴まされる心配がない
  • amazonPayに対応しているのでamazon利用者なら注文操作が楽
  • 送料は640円



スポンサーリンク