中国や台湾から発送の荷物を追跡するサイトは細かく表示。到着が楽しみに

amazonの中華品を嫌がる人は多いようですが、安くてそこそこ品質のものを提供してくれる中華品はありがたい存在。現地発送品は到着までに1ヶ月くらいかかることも多く、どうなっているのか不安になりますが、荷物番号が出る発送なら追跡サイトで状況をチェックできます。

総合的な追跡サイトを使う

17track.netは中華系の配送業者のデータを表示できます。簡易な日本語翻訳もできて移動状況がよくわかります。

上海発送の履歴

2021/2/20にamazonで注文

2021/2/22 amazonサイトで発送された事が表示される

 


2021/2/24 17Trackにamazonで表示されたトラッキングIDを入れてみると、情報を表示できるようになる(前日はエラーでした)


2021/2/27 自宅郵便受けに投函されました。時刻11:10まで表示されています。

途中の日時が細かく表示されるため、毎日1回チェックすると着実に移動していることを把握できて届くのが楽しみになります。

台湾発送の履歴

2019/5/6 注文

2019/5/6 発送したと連絡


2019/5/8 17Trackに情報が表示される。5/16に日本到着予定

2019/5/23 受取。このときは日本到着予定日から1週間ほどかかって受取っています

日本語翻訳

17Trackの追跡画面の右下に「翻訳:日本語□」と表示されているので、□にチェックを入れます。

日本の追跡情報

ゆうパックやヤマトの追跡は、サービス初期の頃は細かく表示されていました。このタイミングで移動しているのか、と把握できたものです。今は簡略な表示になっていて眺めて面白いというものではなくなりました。

amazonの中華品

安く済ませたいとか、国内メーカーが扱わないようなニッチな商品はやっぱり中華製が一番。それなりにトラブルはあるので、急ぎのものは避けましょう。日本のamazon倉庫に在庫を置く業者も増えてきていますので、価格と時間の余裕を見ながら使い分けです。

現地発送品のトラブル経験をメモしておきます。

  • 届かない
    • 3週間予定が5週間経過しても届かないので、ショップに問い合わせ
    • 再発送してくれて、2週間後に届いた
    • 原因:途中で荷物が行方不明になったようです
  • 届いたが壊れている
    • 壊れていることを連絡。写真を送信
    • 再発送してくれて2週間ほどで届いた。同じ包装状態でしたが破損なし
    • 原因:輸送途中の荷扱で不運な破損
  • 違うものが届いた
    • 違うものが届いていると連絡。写真を送信
    • 再発送してくれて解決。間違ったものはそのまま受け取ってほしいと連絡有り

トラブルがあっても、連絡を取ると素早く対応してくれます。日本的なお詫びや丁寧な対応を期待せずに、素早さ、安さ、無駄の無さにウェイトを置けば中華ショップは便利な業者。もしも、うまく解決できない場合でも、amazonに相談すれば返金されるはずです。

スポンサーリンク

Posted by tama