ローソンフレッシュの配達袋がつかみにくいのでバットで受け取る

ローソンフレッシュの配送が郵便から別の配送業者に変わった際に、袋の形状が変わりました。掴み手がなくて受け取りにくい袋です。品物が袋から出てしまい床に落としたことが数回。ローソンフレッシュ配送業者が変わった。コストダウン効果に期待 | たまトラ

注意だけでは対処できないということで対策を考えてみました。

スポンサーリンク

箱で受け取る

ダンボール箱

最初はダンボール箱で受け取ろうとしましたが、上蓋を開いた状態のダンボールというのは意外と弱々しくてダメでした。重いものを受け取るとときには箱の抱え方に注意が必要で、気楽に受け取るという目的に合致しません。

プラスチック製のバット

まな板の漂白や、作業時の小物(ネジや部品)受けとして使っているバットを使ってみます。

外形寸法(mm)間口×奥行×高さ:360×480×45 の大きくて浅い容器です


ローソンフレッシュの品物を受け取った状態。冷凍品、冷蔵品、常温品の3つの袋に分かれています。

両手でバットを持つ駅弁スタイルで受け取れます。バット無しの手渡しだと受け取る側がきちんと袋を掴んだのかを確認するため「大丈夫ですか?」「大丈夫です」の声の掛け合いが必要。

バットで受取りにしてからは、お互い安心して品渡しができています。

ローソンフレッシュだけのためにバットは無駄に感じるかもしれませんが、いろいろなことに使えますので一つ用意することをおすすめします。 大きくても浅い容器だと収納でかさばりません。浸け置き洗い用の浅い容器はバット | たまトラ

スポンサーリンク