プリンターでカラー印刷の品質をあまり問わないのなら安い互換インク

カラーインクジェットプリンターを買っても、モノクロがメインの人は多いと思います。 カラー印刷をしないのに、カラーインクが減るのは、印刷品位を保つためにインクでノズルを清掃しているため。

品質を保つためのコストと割り切れないのなら、「互換インク」をお勧めします。純正と比べるとカラーバランスや、耐候性など保存性が劣る傾向にありますが安い。

純正品と再生品の価格比較

ブラザーのインクは純正でも割と安いのですが、互換(再生)インクだとぐっと安くなります。

ブラザーのLC12-4PKをAmazonで比較してみると

純正の4色セット:3,282円に対して

互換の4色セット:303円

評判を見ると、「ナカジ総合商社」のものが良さそうです。 大元のメーカーは同じで、似たような商品をいろいろな小売りが扱っています。どの店でもあまり差は無いはずですが、中にはとんでもないものを売っている店もあり得るので、それなりに実績と評判で選択するのが無難。

デメリット

  • プリンタ故障時メーカーの保証が受けられなくなる
  • 印刷品質は多少劣る

価格差がある割には大したデメリットでないように感じます。

プリンタ自体安いものですし、壊れたら買い換えればいいや。というつもりでチャレンジすると良さそうです。

ちなみに、たまトラは100円ショップのインクを注入して使う派です。

スポンサーリンク

Posted by tama