楽天ポイントの利息サービス。リアルタイム出し入れなので通常ポイント金庫として役立つ

楽天ポイント利息サービスは年利約0.1%で利息が付きます。銀行の普通預金よりは高いですが、11,112ポイント以上預けないと利息は0です。

通常ポイント1万ポイントを集めるのはなかなか大変なので、利息をたくさんもらおうという目的だと厳しい。視点を変えて利息目的でなければ、ちょっとした使いみちがあります。

スポンサーリンク

利息ポイントの内容

楽天ポイント利息

  • 預けられるのは通常ポイントのみ。期間限定ポイントは不可
  • 月ごとに利息付与。月利0.009%
    • 毎月末に預け入れポイントの0.009%分が利息になる。1ポイント未満は切り捨て。利息1ポイントを得るためには元本11,112ポイント必要
    • 翌月5日利息口座に付与
  • オンラインで出し入れ自由。リアルタイム反映

ポイント利息の入金単位は100ポイント以上なので、100P未満の端数を入金するにはポイント利息から100P引き出してから全額入金操作します。リアルタイム操作OK。

通常ポイントの保管用として

楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

  • 通常ポイント:集めにくい。使えるサービスが多い
  • 期間限定ポイント:集めやすい。使えるサービスが少ない

例えばポイント投資や楽天カードの支払いに使おうと考えている人にとっては通常ポイントの価値が高い。

楽天ペイ等でどんどん消化する人にとっては、通常ポイントと限定ポイントに価値に差はありません。

価値の違いを感じている人がうっかりやってしまうのが、期間限定ポイントだけ使うつもりが通常ポイントまで使ってしまうこと。

楽天ポイント利息サービスを使えば、通常ポイントを全額預け入れることができるため、通常ポイントを0にできます。通常ポイント重視派にとっては、ポイント利用時にうっかりミスが防げるが大きなメリット。

利息をつけてみた

元本11,112ポイント以上を預けると利息が1P付くということで、13,529Pを預けてみました。

翌月5日に1ポイント付与されました。

まとめ

まとまった通常ポイントを保有していないと、あまり利息は期待できません。

うっかり通常ポイントを使ってしまわないための保護装置として使うなら便利なサービスです。元本が減る心配がないのも利点です。

スポンサーリンク